医院概要・地図診療方針院内紹介院長・スタッフ紹介Q&Aブログ

小児歯科

インプラント大切なお子様の歯は、
早いうちから予防して守りましょう。


ご自身が虫歯で苦労したので、
子どもには虫歯になって欲しくない・・・
という方が多いのではないでしょうか。
ほんだ歯科と一緒に、
虫歯にならない工夫をしていきましょう。



お子様に定期健診をお勧めします
永久歯に一度虫歯ができて削ってしまうと、歯の寿命は治療していない健康な歯に比べて、大幅に短くなってしまいます。 そこでほんだ歯科では、虫歯を作らないようにする予防歯科を行っています。

予防歯科とは、虫歯のリスクに応じて定期検診を行い、歯みがき指導と高濃度のフッ素コーティングで虫歯ができにくい歯にすることです。
虫歯のない健康な歯並びは、お子様にとって一生の財産です。
詳しくはスタッフへお気軽にお尋ねください。

笑気麻酔で痛くない治療ができます
笑気麻酔ほんだ歯科では無痛治療を目指し、「笑気麻酔」を取り入れています。
大人はもちろん小さなお子様も使用できる安全な麻酔ですので、歯科治療に恐怖心をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。
詳細はこちら


虫歯の原因3要素しっかり予防で虫歯ゼロ!
虫歯の原因は?
虫歯の原因は、「細菌・食物・歯質」です。
この3つが重なったときに虫歯が発生します。
いちど虫歯になった歯は、
治療しても再び虫歯になりやすくなってしまいます。
そのため「予防」で虫歯を作らない事が大切です。

虫歯の予防方法
「細菌」の原因は、磨きのこし

対策 歯みがき
笑気麻酔
ポイント みがき残しがないよう、 汚れをしっかり落としましょう

「食物」特に甘い物には要注意
対策 甘味飲料の制限をしたり、口の中に物がない状態をつくりましょう
キシリトール
キシリトールの摂取のよる効果
◎虫歯を減らす
◎汚れの量を減らし、だ液をたくさん出す
◎歯を強くする働きを助ける

「歯質」も高めて丈夫な歯に!
対策 フッ素入り歯みがき粉・スプレーの使用
ポイント 毎日摂取することが大事です

フッ素の働きフッ素の働き
◎歯の表面(エナメル質)の強化
◎溶けだした歯の表面を呼び戻し、再び歯に定着させる(再石灰化)。
◎虫歯菌が歯を溶かす酸の発生防止

フッ素の働きレノビーゴ(フッ素入りスプレー)の使い方
(1)歯をきれいに磨く
(2)レノビーゴを歯ブラシに吹きかける
(3)歯全体に行き渡るように磨く
(4)フロス(糸ようじ)を通す
(5)仕上げに、歯に直接レノビーゴを吹きかける
  ※うがいの必要はありません

こんな治療に力を入れています
インプラント
ホワイトニング
小児歯科
小児矯正
無痛治療
かぶせ物や入れ歯は技工室で作成します



院内の衛生面について
院内感染防止について タービン滅菌について